シャープの太陽光発電システムと屋根の面積

屋根の向きや角度によって、太陽光発電の発電効率も変わってきます。
こういったデリケートな条件だけではなく、単純にボリュームの問題もあります。
ここでいうボリュームというのは、屋根の面積のことです。
当然のことですが、屋根の面積が広ければ広いほど、設置できる太陽光発電システムの量も多くなります。
施工の際には、工事代金とシステムの料金を合計したものが、設置にかかる費用です。
この際、設置するパネルの量に比例してシステムの料金というのは高くなっては行きます。
しかし、工事代金のほうは、パネルの量が増えたからといって、それに比例して増えるわけではありません。
そのため、多くのシステムを設置できたほうが、割安ということになります。
ここで影響を与えてくるのが、太陽光発電のシステムです。
太陽電池のシステムには「単結晶」「多結晶」、そして「HIT」と呼ばれるものがあります。
ここで、それぞれの特徴を簡単に挙げておきます。
多結晶というのは、価格は安いですが、発電効率は低いです。
HITの場合は、価格は高いですが、発電効率も高くなっております。
多結晶の場合は、ちょうどその中間といった位置付けですね。
もし、屋根の広いところに太陽光発電システムを導入するのならば、導入コストの低い多結晶がおすすめです。
そんな多結晶の分野でトップクラスを誇るメーカーが、シャープです。
シャープの太陽電池は、コストパフォーマンスに優れています。
パフォーマンスの面では、単結晶やHITには及びません。
しかし、コストの面では他の2つを凌駕しております。
また、シャープの場合は保証が充実していることもポイントです。
他のメーカーでも保証がついているところはありますが、それはあくまでも機器に対する保証です。
一方シャープの場合は、施工の不具合によって雨漏りや破損があった場合の保証もついています。
しかも10年保証で、これをつけているメーカーは、シャープだけとなっております。
広い屋根をお持ちならば、シャープはおすすめですよ。

ピアノレッスンを東京で習う
指の使い方から譜面の読み方、ピアノの正しい弾き方から丁寧に指導します。