太陽光発電システム施工前に

太陽光発電システムを施工する前に、いくつかチェックしておくべきポイントというのがあります。
まずは、屋根の向きです。
当然のことですが、太陽電池パネルというのは、屋根の上に設置するのが一般的です。
ただし、一口に屋根といっても、その形状はさまざまなものがあります。
形状だけではなく、面積も広いものから狭いものまで、様々ですよね。
形状によっては設置できない場合もあります。
また、設置はできたとしても、発電効率が著しく低下する場合もあります。
お宅の屋根をご覧になってください。
太陽光発電においてベストな屋根のむきというのは、日当たりの良い南側です。
もちろん、東向きや西向きでも、発電をできないことはありません。
実際、西向きや東側に太陽光発電のパネルを設置しているお宅もあります。
ただその場合、あくまでメインは南向きのパネルであり、東向きや西向きのパネルは、サブといった位置付けです。
向きだけではなく、角度も大影響を与えます。
最も太陽光発電にベストな角度というのは、30度です。
ただし、角度による影響というのは、向きほど大きな影響を与えるものではありません。
ベストではない20度や40度であったとしても、発電効率の違いは、せいぜい数パーセントといわれています。
ただし、向きは大きな影響を与えます。
南向きを100パーセントとすると、南東や南西向きの場合は95パーセント、東向きや西向きの場合は85パーセントです。
北向きでも、実は発電できるというのは、正直意外です。
ただし、その発電効率は、65パーセントです。
なお、この発電効率の数字は、向きのみを変更して、角度は全てベストな角度といわれる30度という条件で算定をしております。
太陽光発電パネルの基本は、南向きに設置するということです。
あくまで、それ以外の向きのパネルはメインではなく、サブ扱いになります。
もし、南向きに設置できない場合には、設置自体を諦めたほうがいいかもしれません。

ハンドケア手袋の販売
寝ている間にハンドケア。