一つとして同じ屋根はないのだから、シミュレーションが大切!

Posted by: admin  :  Category: 成功と失敗の分かれ目

“エコブーム”や“スマートハウスの流行”、
さらには原発事故後の電気料金の値上げもあって、
自然の力で電気を起こす太陽光発電がにわかに注目されています。
取り付けを検討されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、
高額な買い物なので、その際にはしっかりと専門業者と相談し、
いろいろ見比べてから購入を決定しましょう。
太陽光発電の設置費用はだいたい150~300万円強と言われています。
そして、多くの業者が300万円くらいという見積もりを持って来ます。
最新のシステムのほうが陽射しを効率よく発電してくれる、
確かにそれはありがたいことです。
しかし、たんに“よいものを、高額で”付けたからと言って、
その費用の元を取れるとも限らないのです。
なぜか?
それは、お住まいの場所や屋根の形状や様々な状況によって、
条件が変わって来るからです。
太陽光発電の設置がオーダーメイドと呼ばれるのは、このためです。
極端に言えば、一軒ごと違うのです。
失敗をしないためにも、まずはお住まいからの太陽の位置、地域性、
さらに屋根の形状や材質、面積まで、様々な角度から専門業者に見てもらい、
支払い計画のシミュレーションをしてもらうことが重要なステップになります。
また、この際に行政からの補助金のことも確認しながら購入を進めるべきです。
いい加減な業者にあたると、
補助金の期限を過ぎた時期での契約を結ばされることもあるからです。
そう、太陽光発電の導入を、一緒に考えてくれる業者の選定も重要です。
ここでミスをすれば、大きな損をすることになります。
出来れば、より多くの見積もりを取ったりしながら、
アフターケアまでしっかりやってくれる業者を選びましょう。
今後、長い期間で電気代を節約しながら大きな買い物の元を取るのです。
失敗を防ぐには、始めが肝心です。