失敗する人とは?

Posted by: admin  :  Category: 成功と失敗の分かれ目

太陽光発電で失敗する方は、情報をしっかりと集めないで決めてしまう方です。
情報が少ないということは、選択肢も狭くなるということです。
太陽光発電の業者により、取り扱いメーカーが異なります。
メーカーごとに、システムの特性が違っていますから、複数のメーカーを取り扱っている業者を選ぶべきなのです。
比較検討する業者数は多いほどいいです。
そのなかから、候補を絞っていきます。
最終的に1社まで絞ることになります。
言葉がうますぎる業者は選ばないほうが無難です。
一部の業者のなかには、一時的に儲けて撤退する意向で参入するところもあります。
そのような業者は、とにかく契約を急がせるのが特徴です。
クーリングオフの制度も伝えず、すぐに契約させようとしてきます。
本当によい業者は、過度な宣伝は行わないものです。
宣伝がしつこい業者ほど危険なのです。
信頼できる業者は、太陽光発電を導入することによる、メリットとデメリットの両方を話してくれます。
メリットしか話さない業者は信用できません。
オール電化を導入してIHクッキングヒーターになれば、ガスが使えなくなります。
直火が必要なときは、カセットコンロを使用することになります。
料理に直火は欠かせないという方にとって、オール電化はデメリットとなることがあります。
太陽光発電を導入するならば、メリット・デメリットの両方を知り、納得したうえで契約する必要があります。
そのためにも、業者の比較検討を行うべきなのです。