雪国、新潟市でも太陽光発電

Posted by: admin  :  Category: 新潟県で太陽光発電

雪国、新潟市でも太陽光発電をできるなら導入したいという方は多いではないでしょうか。
皆さん、よく誤解しているのは気温が高い方が効率が良いという考えです。
発電の効率はパネルに当たる光の強さであって温度ではありません。
ですから日光が当たれば、暑い沖縄であろうと寒い新潟市であろうと発電量はそんなに変わらないのです。
とはいえ、パネルに雪が積もってしまうと積もった雪で日光が遮断されてしまうと発電ができなくなってしまいます。
しかし、逆に雪が積もっていなければ太陽光にプラス雪の反射光もパネルに当たるので発電量も増加させることも可能です。
積雪量が少なければ発電時の熱で溶かすこともできる。
もちろん、夏には雪は降りませんから夏での発電は期待できるわけですから、冬の間の問題です。
ようは積雪量の問題なので、超豪雪地では雪の重さに太陽光発電の重量がかさなることになるので、そのヘンをクリアできれば雪国でも太陽光発電を普及できるのではないかと。