温暖化の影響と新潟の太陽光発電

Posted by: admin  :  Category: 新潟県で太陽光発電

近年までは、新潟などで他太陽光発電に適さないということが一般的にいわれていました。
それには、もちろん理由がありました。
新潟といいますと、雪深いところとしまして非常に有名です。
全国的にもかなり雪が降る地域として知られています。
雪が降るということは、それだけ太陽をさえぎってしまうこともあります。
また、積雪がありますと、太陽光発電モジュールの上にも雪が積もってしまい、
冬の間は全く太陽光発電ができなくなってしまうということもあり得たのです。
そういったことからも新潟には太陽光発電は適していないということが言われていました。
現状はその流れが大きく変化をしてきています。
それは地球温暖化の影響です。
新潟などでは、もともとそれほど寒い地域ではありませんでした。
雪は降るのですが、東北地方などと比べますと、特別寒いというわけではありません。
それに加えまして、地球温暖化というものが出てきたのです。
ですので、積雪量や降雪量に大きな変化が現れてきています。
雪が降るような場面でも雨になったりすることがあるのです。
雨の永久尾で雪が解けまして、積雪量が減少をしたりしています。
もともと、沿岸側の地域は雪の積雪は多くはありませんでしたが、
近年ではさらに積雪量が少なくなってきているのです。
その地球温暖化の影響で、新潟県でも太陽光発電が行いやすくなりました。
上記にしたように積雪量が格段に少なくなったのです。
太陽光発電モジュールの上に積もってしまうようなこともほとんどなくなりまして、
冬でありましてもある程度の発電ができ始めているのです。
また、屋根に載せる太陽光発電モジュールの重さも軽量化されている、
というメリットも出てきています。
積雪と太陽光発電モジュールの重さで家がつぶれるのではないか、
という心配をしている方も多いです。
しかし、計量化がされまして、ほとんど問題がなくなってきたのです。
積雪があっても部屋の重みはそれほど大きくなく済むようになってきています。
新潟で太陽光発電が導入され始めている理由にはそういった面もあるのです。