新潟、雪国で暮らしていくには「太陽光発電」が一番ですよ。

Posted by: admin  :  Category: 新潟県で太陽光発電

私は新潟で生まれて育ったので、この家も住んでから50年あまりになります。
現在は両親と一緒に住んでいます。
長年住んでいるのでところどころ傷んできていますが、何度か改修工事をしてきたので、
現在は問題なく、家族みんなで快適に暮らしています。
新潟はやはり雪の多い土地ですので暖房器具は必要不可欠です。
そのため、光熱費もけっこうかかるのですよね。
家族とも相談して、どうにかして電気代を節約できないかと話し合いました。
そこで「太陽光発電」を思いつきました。
いろいろ勉強して費用のことなどもわかってきました。
家族の者もいつか投資費用が回収されるのであれば賛成と言ってくれました。
テレビなどで詳しく紹介されているのをいくつか録画しておいたのを見たりしているので
不安なことはあまり感じませんでした。
調べてみると新潟は雪の日でも、地面の反射光からでも電気の発電はできるので
思っていたよりちゃんと電気は作れるのです。
それに余った電気は売れるので、光熱費削減はちゃんとできるとわかりました。
ネットでも簡単に見積もりを出せるので、その中で1社に決定しました。
最初はある程度の費用がいりますが、新潟での補助金制度もあるので
今やるのが一番良いと確信しました。
業者さんに見積もりをとってもらったら、10年後くらいには投資費用は回収されるとの
回答が得られたので安心です。
家族の者とも相談して来年の春に工事してもらうことにしました。
パネルは自宅の屋根の色や、周りの環境とも合わせて、不自然にならないものを選びました。
パネル選びは、家の屋根の形状、屋根の傾き、方角をよく検討して慎重に選びました。
我が家の屋根の3分の2くらいのスペースにパネルを設置することにきまりました。
いろいろ準備をするのも楽しいですね。
新潟の土地を愛してこれからもずっと長く住んでいきたいと考えています。
「太陽光発電」をすることになって、家族の者も「資源エネルギー」というものにも関心を持つようになりました。
安心して、楽しく暮らしていけるよう心がけていきたいと思います。