太陽光発電を考えてみる。

Posted by: admin  :  Category: 新潟県で太陽光発電

新潟で太陽光発電を考えた場合メリットはあるのでしょうか。
新潟の冬はどんよりした雪雲が覆っていてカラッと晴れるなどの天気は期待できません。
太陽光発電は日照時間との関係が大きいと思っていました。
確かに日照時間が多い方が発電効率はよくなりそれだけ多くの発電をします。
しかし日照時間が多くても気温が高いのであると発電にはマイナスなのだそうです。
住宅用の発電パネルは結晶シリコンからできていますが熱に非常に弱いのだそうです。
気温が25度以上になるとむしろ発電効率が悪くなるのだそうです。
したがって日照時間が長い地域イコール発電効率がいいと言う訳ではないと言うことです。
日照時間が長くて気温が低い地域が発電効率がいいということになります。
その2つの要素からすると新潟で太陽光発電をする場合マイナスの要素はないということになるらしいのです。
太陽光発電は電気料を安くすると言う消極的は効果だけでなく電力会社に売電して利益を売ると言ったビジネスとして考えることもでき、
なお且つ地球環境に配慮した時流に合致していると言った一石二鳥のメリットがあります。
太陽光発電は福島の原発事故がある前は二酸化炭素を減らし地球温暖化に貢献する自然エネルギーでした。
しかし原発事故以降地球環境と言う切り口よりも安全安心と言った理由から太陽光発電が脚光を浴びています。
太陽光発電を国や自治体も奨励していて補助金は国や都道府県や市町村の補助金があり、
基本的には設置する場合3か所から補助金がもらえます。
新潟で太陽光発電を設置する場合現在は市町村の補助金はよ定数に達し受付を終了しています。
したがって国からの補助金1kwにつき35000円と3000円のいずれかの補助金だけです。
太陽光発電の初期投資の回収は補助金によって短くなる傾向にあります。
最短では5年最長でも8年くらいが目安だそうです。
それらの数字をシュミレーションをしてみて新潟で太陽光発電を設置した場合どのようなメリットがあるのか判断してみてください。